【和訳・解説まとめ】blue – keshi

bandaids
keshi – blue (Audio)

今回はkeshiのアルバム「bandaids」から「blue」の歌詞を和訳してみました。

2020年4月24日リリース。

以下、keshiより

keshi「”blue”は友人との別れに関する曲なんだ。今年(2019)はクソなことが沢山あって、それから僕が本当にしたかったことは、それを自分と関わっていない人にシェアすることって気づいたんだ。友達との関係はただお互い離れてるってわけじゃなく、もう連絡すら取り合わないような関係になってしまったんだ。僕等、お互い違う道を進んでいるんだ。」
「歌詞の“move on with the seasons(季節が変わるようなスピードで 僕も変わっていくんだ)の所は、未だに読むと自分の心に刺さるんだ。“」

 

この歌詞(季節が変わるようなスピードで 僕も変わっていくんだ)にも注目して是非聴いてみてください!

 

歌詞・和訳

 

 

[Chorus]
Impatient, just say it
(もううんざりなんだ 直接言えよ)

Still waitin’, for another round
(次のグラスを待ってる)

バーでお酒のおかわりを頼んでる様子

New faces, I’m racin’
(新しい友達と 歩いて競走してる)

On foot but I’ll never make it home
(けど家にはたどり着けない)

Sixth street for the occasion
(シックスストリートが行きつく場所)

Sixth street:テキサス州オースティンのバーが多い通りの名前

Can’t take all of the changes
(新しい環境には慣れないけど)

Blue moon, in different phases
(もうずっと お互い違う時期で)

Blue moon, in different places
(もうずっと お互い違う場所で)

 

[Verse 1]
Three hours, three months away
(3か月後に 3時間かけて)

3時間:テキサス州のヒューストンからオースティンまでの車でかかる時間

Go back but not the same
(戻るけど あの時とは変わってしまってる)

I don’t want you to see me
(君に見られたくない)

Cause I’m not what I seem
(君らが思うような俺じゃなくなったから)

Why was everyone leaving?
(なんで皆 去っていくの?)

Do we say what we mean?
(俺ら 本心で話してる?)

Got the 9-5 and the bloodline
(9時~5時 仕事をして)

Better dress up for the date night
(夜はデートに備えておしゃれしなきゃ)

For the date night
(夜のデートに向けて)

 

[Pre-Chorus]
Don’t hit my cell
(電話かけてこないでくれよ)

There’s an unknown number on my phone
(知らない番号からかかってきてるんだ)

地元の友人との携帯番号の登録を解除したkeshi

I don’t need your help
(君等の助けは要らないよ)

Just let me lay down on the floor
(ただ床で横にさせてくれ)

I don’t know myself
(自分で自分がわからない)

Not like the time I did before
(あの頃とは違うみたいだ)

No, no

 

[Chorus]
Impatient, just say it
(もううんざり 直接言えよ)

Still waitin’, for another round
(次のグラスを待ってる)

New faces, I’m racin’
(新しい友達と 歩いて競走してる)

On foot but I’ll never make it home
(けど家にはたどり着けない)

Sixth street for the occasion
(シックスストリートが行きつく場所)

Can’t take all of the changes
(新しい環境には慣れないけど)

Blue moon, in different phases
(もうずっと お互い違う時期で)

Blue moon, in different places
(もうずっと お互い違う場所で)

 

[Bridge]
Tear me to pieces
(僕を引き裂いたとしても)

I won’t even feel it
(それでも何も感じない)

You’re not what I needed
(僕に必要だったのは君らじゃないんだ)

Move on with the seasons
(季節が変わるようなスピードで 僕も変わっていくんだ)

[Chorus]
Impatient, just say it
(もううんざりなんだよ 直接言えよ)

Still waitin’, for another round
(次のグラスを待ってる)

New faces, I’m racin’
(新しい友達と 歩いて競走してる)

On foot but I’ll never make it home
(けど家にはたどり着けない)

Sixth street for the occasion
(シックスストリートが行きつく場所)

Can’t take all of the changes)
(新しい環境には慣れないけど)

Blue moon, in different phases
(もうずっと お互い違う時期で)

Blue moon, in different places
(もうずっと お互い違う場所で)

 

 

解説・まとめ

  • 新しい生活が始まってからの以前の友人との関係(別れ)について綴られた曲。

keshiの誠実で、本心をダイレクトに語っている歌詞にはもう・・・共感しかない。

 

 

keshiの他の曲はkeshiの和訳記事一覧から飛べます。

アルバムbandaidsは全曲和訳してます。keshi-bandaidsの和訳記事から。

参考にしたサイト:Genius.com

☆和訳してほしい曲のリクエストがありましたらコメントお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました