【和訳・解説】No Surprises – Radiohead

Radiohead
Radiohead – No Surprises

今回はRadioheadよりアルバム「OK Computer」から「No Surprises」の歌詞を和訳してみました。
アルバム「OK Computer」は1997年5月21日リリース。

 

歌詞・和訳

 

[Verse 1]
A heart that’s full up like a landfill
(埋立地のようにゴミで詰まった心)

A job that slowly kills you
(徐々に人間を殺していく仕事)

Bruises that won’t heal
(癒えることのない傷)

You look so tired, unhappy
(君はとても 疲れて惨めに見える)

Bring down the government
(政府は打ちのめせ)

They don’t, they don’t speak for us
(彼らは国民の事なんて考えてない)

I’ll take a quiet life
(静かな人生を歩んでいく)

A handshake of carbon monoxide
(一酸化炭素と握手)

 

 

[Chorus]
And no alarms and no surprises
(不安も 驚きも要らない)

No alarms and no surprises
(不安も 驚きも要らない)

No alarms and no surprises
(不安も 驚きも要らない)

Silent, silent
(静寂で ただ静寂で)

 

 

[Verse 2]
This is my final fit
(これは最後の発作)

My final bellyache with
(最後の泣き言)

[Chorus]
No alarms and no surprises
(不安も 驚きもない)

No alarms and no surprises
(不安も 驚きもない)

No alarms and no surprises, please
(不安も 驚きも ありませんように)

 

 

[Verse 3]
Such a pretty house
(素敵なお家)

And such a pretty garden
(素敵なお庭)

 

 

[Chorus]
No alarms and no surprises(Let me out of here)
(不安も 驚きもない (ここから出してくれ) )

No alarms and no surprises(Let me out of here)
(不安も 驚きもない (ここから出してくれ) )

No alarms and no surprises, please(Let me out of here)
(不安も 驚きも ありませんように (ここから出してくれ) )

 

 

解説・まとめ

  • この世に何も求めていない主人公を描いた曲

素敵なメロディーも、歌詞を通せばボロボロの世界の音のように聞こえてきます。

 

A handshake of carbon monoxide(一酸化炭素と握手)

有毒ガス。今の世の中(一酸化炭素のような社会)で生きていく(握手する)、と捉えられます。

This is my final fit(これは最後の発作)

My final bellyache with(最後の泣き言)

一酸化炭素と握手した結果こうなった、と捉えられます。

 

マジで好き。

参考にしたサイト:Genius.com

和訳して欲しい曲のリクエスト募集中です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました