【和訳・解説まとめ】Me & You Together Song – The 1975

Notes on a Conditional Form
The 1975 – Me & You Together Song (Official Video)

今回はThe 1975よりアルバム「Notes on a Conditional Form」から「Me & You Together Song」の歌詞を和訳してみました。

アルバムは2020年5月22日リリース。

先行シングルとして2020年1月16日にリリースされたこの曲。私にとってはなぜだか2000年代を感じるような曲です。

歌詞・和訳

[Verse 1]
I can’t remember when we met
(僕らいつ出会ったんだっけ 思い出せないよ)

Because she didn’t have a top on (Top on)
(当時の彼女 上は何も身に着けてなかったんだし)

幼少のころからの知り合いだったと捉えられます

I improvised a little bit
(僕が即興で少し歌ってみたら)

She said my references were spot on (Spot on)
(彼女は気に入ってくれた)

“Can I take you for a drink?”
(「一緒に飲まない?」)

She said, “Oh God, I’ll have to think
Because we’re mates, it doesn’t feel right” (Feel right)
(彼女は「えーどうしよう、だって私たちは友達同士なんだし、なんか変じゃない?」って)

And I said, “It’s cool,” and “I was messing,” but it’s true
(僕は「オッケー」「ふざけて言ったんだよ」って言ったけど、本当は本心だったんだ)

Yeah, it’s you, you’re the one that makes me feel right
(そう 君が なんだか君が僕にとって唯一の存在なんだ)

 

[Chorus]
I’ve been in love with her for ages
(もう長い間彼女に恋してる)

And I can’t seem to get it right
(でも上手くはいかなそう)

I fell in love with her in stages
(段階的に彼女を好きになっていく)

My whole life
(僕の生涯を通して)

 

[Verse 2]
I had a dream where we had kids
(僕らに子供ができる夢を見たんだ)

You would cook, I’d do the nappies (Nappies)
(君は料理をして 僕はおむつを交換して)

We went to Winter Wonderland
(僕らはロンドンのウィンターワンダーランドに繰り出して)

ロンドンの Hyde Park(ハイドパーク)で開催されるイベント。日本でいうハウステンボスみたいな感じじゃないですかね。知らないですけど。

And it was shit, but we were happy (Happy)
(イベントはつまんなかったけど、それでも僕らは幸せだった)

I’m sorry that I’m kinda queer
(ごめんな 僕ってクィアだから)

クィア:LGBTQ+のQでセクシャルマイノリティの総称。詳しくはWikipediaから

It’s not as weird as it appears
(見た目ほど変じゃないんだけどね)

It’s ‘cause my body doesn’t stop me (Stop me)
(どうしても体が勝手にそうなってしまうんだよ)

Oh, it’s okay, lots of people think I’m gay
(ああ、みんな僕の事ゲイだと思ってるけど、別に構わないよ)

But we’re friends, so it’s cool, why would it not be? (Not be)
(僕らは友達なのに変わりはないんだからさ)

 

[Chorus]
I’ve been in love with her for ages
(もう長い間彼女に恋してる)

And I can’t seem to get it right
(でも上手くはいかなそう)

I fell in love with her in stages
(段階的に彼女を好きになっていく)

My whole life
(僕の生涯を通して)

 

[Bridge]
And there’s been no way for me to say
That I felt a certain way
In stages, oh
(この段々と募っていく君への想いを伝える方法は一向に見つからないんだ)

I think the story needs more pages, yes
(君との物語を作るにはもう少しページが必要かな)

 

[Outro]
I’ve been in love with her for ages
(もう長い間彼女に恋してる)

(For ages) And ages
(もうずっと)

【※繰り返し】

I’ve been in love with you for ages
(もう長い間君に恋してる)

For ages and ages, yeah
(もうずーっと)

【※繰り返し】

 

解説・まとめ

  • 友達に恋に落ちたものの、それを打ち明けられず、本人の前では友達のように振る舞っている様子を綴った曲

現代での性に関する問題なども含まれているあたり、やはりThe 1975です。
[bridge]のパートとか韻が素敵。

 

アルバムの他の曲はNotes on a Conditional Formの曲から飛べます。

The 1975の他の曲はThe 1975の和訳記事から。(メニューバーのカテゴリーからも飛べます)

参考にしたサイト:Genius.com

☆和訳してほしい曲のリクエストがありましたらコメントお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました