【和訳・解説まとめ】Nothing Revealed / Everything Denied – The 1975

Notes on a Conditional Form
Nothing Revealed / Everything Denied

今回はThe 1975よりアルバム「Notes on a Conditional Form」から13曲目「Nothing Revealed / Everything Denied」の歌詞を和訳してみました。

アルバムは2020年5月22日リリース。

歌詞・和訳

[Chorus]
Life feels like a lie, I need something to be true
(人生は嘘みたいに感じる 何かが真実であってほしい)

Is there anybody out there?
(誰かそこにいる?)

Life feels like there’s something missing, maybe it’s you
(人生に何か足りないものがある気がするんだ、それは多分君だよ)

Is there anybody out there?
(誰かそこにいる?)

 

[Verse 1]
I never fucked in a car, I was lying
(カー〇〇〇なんてしたことない、僕嘘ついてたんだ)

全アルバムの収録曲「Love It If We Made It」の歌詞とつながっている

I do it on my bed, lying down, not trying
(いつもベッドでやるよ 横になって しようとせずに)

Apathy for me is an issue, you see
(僕は問題とかには無関心なんだ、分かるでしょ)

I just talk about the things upsetting me
(僕はただ自身を動揺させるようなことを話して)

And I get somewhere, I don’t like it
(どこか好きでもない場所へ行って)

Get somewhere, change my mind, eh
(どこかへ行き 心が変わって)

Get somewhere but don’t find it
(どこかへ行くけど見つからない)

I don’t find what I’m looking for
(探しているものが見つからない)

 

[Bridge]
Yes, and if they catch you slippin’
(もし君が油断しているところを観られたら)

Trippin’ over you slippin’, they’re not listening
(君は失敗して躓いて、彼らは何も聞いてない)

They’re goin’ over how they think you should be livin’
(彼らはもう向こうに行ったよ どうして君が生きるべきだなんて思うだろうか)

That’s life, kind of, maybe take some time off
(それが人生だよ そんな感じ ちょっと休憩しなよ)

You can’t even deny, love, setting it right
(君は否定すらできない 愛すること、しっかりとすることすら出来ないんだ)

Because if nothing is revealed, everything denied
(何も明かしていないのなら、全てが否定されるから)

Learn about yourself before you talk it, they need to see you walk it
(話す前に自身について知っておきな 君がやり遂げる所を彼らに見せないと)

You don’t fuck with your poor fans, you meet the rich ones to expand your floor plans
(貧乏なファンとは関わるな リッチなファンに会え そうすればもっといい家に住める)

マティー「僕は今まで沢山嘘をついてきた。けど公の場ではいつも本当の事しか言わないんだ。そうすれば今までついた嘘と矛盾してないかとか心配する必要が無いから。この世にはしっかりと発言する人と、意見も何も言わずに、他人の考えを鵜呑みにする人がいる(=Nothing Revealed / Everything Denied)。後者であれば何でも否定できるし、称賛だって受け入れられる、批判だって否定できる。こういう人を僕はたくさん見てきた。」

 

[Verse 2]
You can’t figure out a heart, you were lying
(君は心を理解することができないんだよ 君は嘘ついてたんだ)

彼らのデビューアルバム収録曲”Heart Out”のサビの歌詞”It’s just you and I, tonight Why don’t you figure my heart out?(今夜 僕は君と二人きり 僕の心を突き止めてよ)”に対する続きとして捉えられます。

You’re doin’ in my head with your non-stop trying
(僕の頭で君はひたすらそうしていた)

Never gettin’ sleep and forgettin’ to eat
(眠ることもできないし ”何も食べない事”も出来ない)

I pretend that all these things agree with me
(そういうことは全部僕に賛成してるって)

And I get somewhere, I don’t like it
(どこか好きでもない場所へ行って)

Get somewhere, change my mind, eh
(どこかへ行き 心が変わって)

Get somewhere but don’t find it
(どこかへ行くけど見つからない)

I don’t find what I’m looking for
(探しているものが見つからない)

 

[Chorus]
Life feels like a lie, I need something to be true
(人生は嘘みたいに感じる 何かが真実であってほしいよ)

Is there anybody out there?
(誰かそこにいる?)

Life feels like there’s something missing, maybe it’s you
(人生に何か足りないものがある気がするんだ それは多分君なんだ)

Is there anybody out there?
(誰かそこにいる?)

 

[Outro]
Life feels like a lie, I need something to be true
(人生は嘘みたいに感じる 何かが真実であってほしい)

Is there anybody out there?
(誰かそこにいる?)

Life feels like there’s something missing, maybe it’s you
(思うに もし何か足りないものがあるとするなら、それは多分君だ)

Is there anybody out there? (Out there)
(誰かそこにいる?)

 

解説・まとめ

  • フロントマンのマティーが、自身が作り上げた周りからみられている”偽物のマティー”を壊そう、というテーマで作られた曲

例えば、[Verse 1]では
“I never fucked in a car, I was lying”(カー〇〇〇なんてしたことない、僕嘘ついてたんだ)

とありますが、これは全アルバムでの曲「Love It If We Made It」での歌詞

“We’re fucking in a car, shooting heroin”(僕らは車で○○〇していたんだ、ヘロインをキめながら)に対して「本当はしてないんだ、嘘ついていたんだ」と今曲で伝えています。

 

 

アルバムの他の曲はNotes on a Conditional Formの曲から飛べます。

The 1975の他の曲はThe 1975の和訳記事から。(メニューバーのカテゴリーからも飛べます)

参考にしたサイト:Genius.com

☆和訳してほしい曲のリクエストがありましたらコメントお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました